技術書典6 き21 参加します

日時 2019/04/14 (日) 11:00〜17:00
場所 池袋サンシャインシティ2F 展示ホールD(文化会館ビル2F)

⽬次
1. 実践AWSセキュリティー!独断的偏⾒によるスターをつけてみました。
1.1 AWSでのセキュリティーについて
1.2 今回の趣旨
1.3 CISベンチマークについて
1.4 今すぐ対応できる5つのセキュリティー運⽤
1.5 【気軽さ★★★★★/満⾜度★★★★★】 MFAがrootアカウントに対し
て有効になっていることを確認する。
1.6 【気軽さ★★★★☆/満⾜度★★★★★】 rootアカウントの使⽤を避
ける。
1.7 【気軽さ★★★★★/満⾜度★★☆☆☆】 すべての地域でCloudTrailが
有効になっていることを確認する。
1.8 【気軽さ★★☆☆☆/満⾜度★★★☆☆】 rootアカウントを使⽤する
ためのログメトリックフィルタとアラームが存在することを確認する。
1.9 【気軽さ★★★★★/満⾜度★★★☆☆】 どのセキュリティグループ
も0.0.0.0/0からポート22への⼊⼒を許可していないことを確認する。
1.10 CISベンチマーク、全49項⽬
2. プログラミング初⼼者から抜けられない貴⽅へ
2.1 読者対象
2.2 概要
2.3 何が必要か?
2.4 強い⽬的
2.5 すぐ作れという回答が多いけど無理・・・?
2.6 完成させることが⼤事
2.7 オブジェクト指向が分からない
2.8 デザインパターンが分からない
2.9 MVCがわからない
2.10 完成後
2.11 まとめ
3. PHPの開発を絶対楽にするComposerの美味しい使い⽅
3.1 読者対象
3.2 概要
3.3 Composerとは何か?
3.4 ダウンロード または インストール
3.5 .pharって何?
3.6 composerコマンドの打ち⽅の違い
3.7 composerコマンドが打てない場合
3.8 ⼀般的な使⽤⽅法(Basic usage)
3.9 前書き
3.10 パッケージ名
3.11 パッケージのバージョンの制約
3.12 ライブラリのインストール(依存関係のインストール)
3.13 ライブラリを最新バージョンに更新する
3.14 Packagist
3.15 オートローダー
3.16 ⼀般的な使⽤⽅法(Basic usage)のまとめ
3.17 美味しい使い⽅
3.18 本番環境と開発環境での分け⽅
3.19 dump-autoloadとdumpautoload
3.20 PHPのバージョンに沿ったライブラリをインストールする
3.21 composer.jsonでのバージョニングの指定⽅法
3.22 composer⾃⾝のアップデートを⾏う
3.23 新しいパッケージをコマンドで追加する
3.24 composer.json ファイルをコマンドで作る
3.25 composerでコマンドを短縮できる
3.26 Packagistを使わないでGitHubにCompsoerのリポジトリを置く
3.27 まとめ
4. 著者紹介