週末発表会 2017年7月22日

・NさんがUnityで作り途中のゲームのRPGを発表しました。現在は戦闘が少しできるる模様です。

・同じく、Yさんがゲームの作成中のタイトル画面を見せてくれました。宇宙的なカッコイイ画面です。

技術書典2 vol2 新刊できました!!

日時 2017/4/9 (日) 11:00〜17:00
場所 アキバ・スクエア

えー09がスカゼミのサークルの位置です

下記が本書の目次です。

 

第 1 章 GitHub+Shippable+Heroku で作る、Re:VIEW の自動ビルド
環境 1
1.1 はじめに . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
1.2 前提知識 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
1.3 構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
1.4 準備 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3
1.5 手順 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3
1.6 リポジトリの構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
1.7 おわりに . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
第 2 章 はじめて技術書同人誌をコミケに出した話 12
2.1 はじめに . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
2.2 発端 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
2.3 申込 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
2.4 当落発表 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14
2.5 頒布物 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15
2.6 1 週間前~前日 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
2.7 当日 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
2.8 その後 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
2.9 おわりに . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
第 3 章 ググってすぐ出てくる WordPress Plugin & PayPal 実装 の
作り方 22
3.1 読み方 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
3.2 よくある簡単なプラグインを作る . . . . . . . . . . . . . . . . 23
3.3 設定画面をメニューに追加 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
3.4 記事作成依頼プラグイン Writing-9 の宣伝 . . . . . . . . . . . 41
3.5 アクティベート時に自作テーブルを追加 . . . . . . . . . . . . . 42
3.6 PayPal での決済 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44
3.7 おしまい . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 57
第 4 章 WordPress REST API を試してみる。 58
4.1 JSON を見るために URL アクセスしてみる . . . . . . . . . . 58
4.2 エンドポイントを探す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58
4.3 エンドポイントを登録する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 61
4.4 おしまい . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 62
第 5 章 Web Fonts による多色刷りアイコンの表示 63
5.1 アイコンフォント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 63
5.2 多色刷りアイコンの表現方法 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 63
5.3 制作手順 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 64
著者紹介 76

技術書典2に参加します!

秋葉原で行われる技術書典2に参加します。

日時 2017/4/9 (日)
場所 アキバ・スクエア

本の内容はこのような感じになります。

顔も知らない人たちと、技術書同人誌を作ってコミケに初めて出した話(仮)
github+shippable+herokuで作る、Re:VIEWの無料ビルド環境(仮)
Wordpressのプラグインの作り方(仮)
WebFontについて(仮)
マイクラの話(仮)
機械学習の話(仮)

技術書典のサークルページ

 

週末発表会 2017年03月04日

・Chrome Extension WebMaker の紹介のデモをNさんが行いました。

WebMakerCodePenをローカルで使えるようにしたいというコンセプトで作られたものです。

CodePenとはHTML, JS, CSSからリアルタイムにPreviewできるサービスです。

CodePenは一部の機能が有料ですがWebMakerは無料で使うことができます。

WebMakerが使用できるのは以下です。

HTML系はHTML、Markdown、Jade
CSS系はCSS、SCSS、SASS、LESS、Stylus
JavaScript系はJavaScript、CoffeeScript、ES6(Babel)、TypeScript

コミケC91 西み22a スカゼミ同人本

コミケお疲れ様でした。
12月29日スカゼミ本無事に出品できました。電子書籍として販売。

内容は以下の3点になります。

・コードかけなくてもイラレわかればできる!

・Adobe Muse でサイト制作はじめてみませんか?

・ブラウザ操作なんて人間のする仕事じゃない(Chrome Extension話)

・マルウェアのあったChrome ExtensionのLive Http Headersがつかえなくなったので代わりのExtensionを作ってみた

購入していただいた方々、関係者各位ありがとうございました m(_ _)m

次回は技術書典2に当選すれば参加します。

表紙はスカゼミのマスコットキャラのスカゼミちゃんです。

Windows7でChainerをインストールしてGPUで動かすまで

かなり手こずったのでうまく動いた方法をメモっておきます
cuDNNは使ってませんのでCUDAが動くまで。

まずこちら
Windows上にChainer v1.5+CUDA+cuDNNを一番簡単に入れれる方法

ポイントはAnacondaのPython2.7の64bit版 を使うこと
機械学習を使うための便利なライブラリが元から入っています。
Microsoft Visual C++ Compiler for Python 2.7をインストール

CUDA Toolkitをインストールする

pip install chainer

はい、chainerのインストールでコケました。
簡単に入らないじゃん!!って四苦八苦。

以下のサイトに書いてあることを試してみる
セットアップ (Anacondaで自分だけ使う場合。参考サイト:windowsで開発環境を整える)

配布サイトから64bitインストーラを持ってきて実行。Advancedのところで、PATHと標準の両方のチェックを外す。これでAnaconda Promptからしか使えない。

私はWindowsのプロンプトで実行したかったのでチェックつけてままインストール完了させました。

下記を書いてあるまま実行

conda update conda
conda update anaconda
set LIB=%LIB%;C:\Program Files\NVIDIA GPU Computing Toolkit\CUDA\v7.5\lib\x64
set INCLUDE=%INCLUDE%;C:\Program Files\NVIDIA GPU Computing Toolkit\CUDA\v7.5\include
"C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 12.0\VC\vcvarsall.bat"
pip install chainer

通常のプロンプトで動かすならset LIBとset INCLUDEのところはユーザー環境変数に直接書いたほうがよいかもしれないです。ユーザー環境変数にLIBとINCLUDEを作り値を入力。
システムのプロパティ→詳細設定→環境変数から可能。

パスの設定した後は謎のバッチファイルを起動。何をしているか調べる気力が無かったのでとりあえず叩いただけ。
そうしたらchainerが無事インストールできました。

後は出来た環境でサンプルを実行

通常
python ..\examples\mnist\train_mnist.py
実行時間 約10分

GPU
python ..\examples\mnist\train_mnist.py –gpu 0
実行時間 約3分

3倍以上の差が出ました。やったね!

GPUで注意すべき点はビデオカードが対応しているかどうか
対応していないとCUDAをインストールするときに英文でGPU applicationは動かないよ!って警告文が出ます。

環境
GeForce GT 640
CUDA 7.5
Windows7 64bit
python 2.7 (Anaconda)
chainer 1.7.2